葬儀の費用を最小限にする支払い方法

葬儀の費用を最小限にしたいと思った場合にはどのようにするのがいいのでしょうか?葬式をする際には通夜と告別式をすることが当たり前と思っている方も多いかもしれませんが、必ずしも葬式の際に通夜と告別式を行うことは必須ではありません。ですから、葬儀の費用を最小限にする支払い方法としては本当に必要なことだけを葬式の際にやるという方法が考えられます。

どのようにすればいいのかというと、一般的に直葬と呼ばれている方法を採用するのがおすすめです。直葬の方法を採用すれば、通夜と告別式はなくすことができます。つまり火葬だけを行うことになりますので、その費用だけを用いするという支払い方法ということになります。

通夜と告別式を省略することになりますので、香典やお花の手配をすることもありませんし、列席者に対しての通夜ふるまいをすることもありません。更には香典返しの事も必要ありませんので、全てを簡素化することができます。直葬の形を取ってしまうとあまりにも費用が少なくなってしまうので、葬儀社が対応してくれないのではないかという心配もでてきますが、大部分の葬儀社では直葬であってもサポートをする体制を取っていますので、安心して仕事をお願いすることができます。

また、直葬であっても市役所や会社の社会保険などから給付金を得ることはできますので、少ない費用で葬式を行うことが可能になるはずです。直葬の実際についてはどのようなものであるのかイメージできない場合には葬儀社に問い合わせてみると良いでしょう。